コトバの資産家クラブ代表。
コピーライターの坂本らいとです。

 

僕は、おいしいご飯を
出してくれる
店が好きです。

 

お肉も

IMG_20160321_215311

 

お魚も

IMG_20160320_215231

 

こよなく愛してます(笑)
(写真は前に食べた肉と魚)

 

僕が住む街は、飲食店が多くて、
いろいろ選べて
嬉しいのですが、

競争が激しく残念なんことに、
あっという間に店が入れ替わります。

 

「あ〜またここ変わったんだ」

っていうことはザラです。
結構おいしい店でも、
平気で潰れたりします。

これ?どういうことなんだろう。
と思っていたんですが、
上手くいかない店には共通点が
あったんですね。

 

上手くいかない店の共通点とは

 

それは、自分の主観でしか、
判断しないという共通点です。

僕は、一人でもお店に入って
しまうタイプなので、
結構、お店の人に話しかけられます。

 

お店の人も話しているうちに、
「あれ?この人ここらへんに詳しい?」
となることも多く、
いつの間にかよく悩み相談になります。笑

 

あるときは、結構おいしいお肉を
提供していて、一人でも焼肉オッケーの
焼く肉Barという変わった店があって、

その人の相談に乗っていたのですが、
この街なら、この変わったコンセプトも
受け入れられるのではと、
自信満々で出店したそうです。

 

でも、僕が見る限り、
変わったものが好きな街では
あるのですが、

あまりにも場所が、
飲食店の一番外れにありすぎる。

そして、看板をほとんど出してない
謎の店となっていました。

厳しいかなぁ
と思っていたら、
やはり、あっさり潰れてました。

 

この店に足りなかったのは、
焼肉Barという
コンセプトまでは、
よかったのかもしれませんが、

あとは、それが、どんな人が通る、
どんな場所でやれば、
成功をするか。

さらに、コンセプトは
どんな外装で、
どんなアピールをすれば、
伝わるのか。

 

つまりは、その店の前を通る
お客さんが、どうすれば
焼肉Barに価値を感じるのか
といった客観視点が、
足りなかったんだと思います。

 

主観と客観を持てば上手くいく

 

さて、上手くいく店は、
この客観視点を持っています。

 

どういう外装なら自分が
思い描くお客さんが来るか。

どういうメニューなら、
お客さんがファンに
なってくれるか。

さらに、こっそり接客の中で、
教育もほどこしたりします。

 

僕は、大将に、
「こんなに綺麗に食べてくれてありがとな」
なんて言われて、それ以降も、
何も言われなくても綺麗に食べるように
なった店があります。

どこまで狙いかはわかりませんが、
上手いなぁと思いました(笑)

 

上手くいく店と上手くいく人は一緒

 

僕の周りでいうと、
ネットビジネスの世界で
上手くいく人は、

確実に客観性を大事にしています。

 

メルマガを使って、
読者から常にフィードバックを
受けることで客観的に見てるし、

世の中の何が上手くいくかを
よく見てる人が多いです。

 

一方、失敗してしまいがちな人は、
どちらかというと、

「私はこれがやりたい。」
「私はこれが上手くいくと思う。」
「まずは、自分が納得することが一番だ!」

と、どんどん主観の世界に
のめり込んでいきます。

 

主観が悪いと言ってるんではないです。
でも、そこに客観性を
持たないと。

焼肉Barのようになってしまう。
もったいないんです。

まとめ

 

上手くいく店も、
上手くいく人も、
主観と客観をバランスよく
持っている。

 

なので、あなたも、
もし人生やビジネスを上手く
回したければ、

主観と客観を持ちましょう。
というお話でした。

 

PS.

 

恵比寿横丁や渋谷肉横丁は、
結構有名ですが、

さいきん、神宮前横丁という
新しい名所ができたと
聞きつけて行ってきました。

タクシーじゃないと行きづらい
場所ということで、
なんか業界人ぽい人が
多かったです(笑)

そこで、食べた、
牛トロのトロタク。

IMG_20160326_223456

 

僕は、通常のマグロの
トロタクは好きなので、
頼んだのですが、

牛だと、タクアンの味に
負けて、微妙でした(笑)

 

でも、この横丁の上にある
バーストリートという、
バーがいろいろ集まった場所は、

なかなか良かったので、
よければ行ってみてください。

 

PPS.

成功のヒントがたくさん詰まった
メルマガを発行しています。

たまに、おいしいお店の情報を
流すこともあります。笑

 

今なら、情報発信で
人間的成長と収入の増加を同時に手に入れる

コトバの資産家クラブの動画セミナーを
プレゼント中です。

 

坂本らいとメルマガ