7c0dfef57487ebbfec2f0597683abef4_m

 

僕がコトバの資産を構築するために、
常に手元に置いて参考にしている本たちです。

ぜひ参考にしてみてください。

 

1.【現代広告の心理101の技術】
sim

 

 

 

 

 

 

 

http://directlink.jp/tracking/af/1400127/OhCZrcqd/

 

広告心理技術と名打っていますが、
文章で人のコトバを動かす技術の本です。

もし、あなたがFacebookの投稿でこの技術をすれば、
「いいね!」やコメントは格段に増えますし、

メールに使うことができれば、人がどんどん動かされ、
ビジネスは格段にスムーズになります。

情報発信において、ブログやメルマガなど、
中身は全部コトバなので、
そのコトバをどう使えば人が動くかというのを、
知ることができれば、

俄然、書くという作業は楽になります。

この年末に絶対に読んでおくべき1冊です。

 

2.【市場独占マーケティング】

bov

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://directlink.jp/tracking/af/1400127/Gfy24bSj/

僕が、今年一番買って良かったなと思っている本です。

大げさなタイトルがついているせいで、
この本は確実に損してると思うのですが、

大企業のマーケティングの話ではなく、
個人がいかにして、
自分だけの市場をつくって稼ぐかの話です。

どうやったら、普通の個人が、
人気が出て、ビジネスが成立するのか。

というのが、これを見れば分かります。

今、コンサルやセミナーなどをしていて、
あまり上手くいってない人もこれを見れば、

どうやったら、その状況が改善するのかが
よく分かると思います。

そこらへんの数十万円のノウハウより、
よっぽど濃い内容です。

 

3.【説得の心理技術】

bss

 

 

 

 

 

 

 

 

http://directlink.jp/tracking/af/1400127/Mc9zdt1h/

幼いころカルト教団で育てられたという、
異色の経歴を持つ著者が書いた本です。

実際に、カルト教団がどうやって人を縛り付けたのかを
いやというほど見させられてきた経験から、

人はどうすれば、説得されるのかというのを書いた本です。
すごい経歴の著者ですが、著者自身は、その力を
正しい方向に使おうとしている様子が見えて好感が持てます。

説得という技術は、
人を動かすための大前提です。

あなたが、どんなビジネスをするにしろ、
説得感があれば、
相手をより良い方向に導けます。

逆に悪いビジネスマンでも説得力が
あれば騙される人が出てきてしまいます。

僕のメルマガ読者の方で、
悪いビジネスを考える人はいないと思うので、
きっと、良い方向に使ってくれるでしょう。

説得は、身につけてほしい技術の一つです。

 

4.【クロージングの心理技術21】

close

 

 

 

 

 

 

 

 

http://directlink.jp/tracking/af/1400127/pSw71woV/

どんだけブログやfacebookやメルマガで
共感を集めたとしても、

結局のところ、お客さんが
買ってくれなければ、あなたの現状も、
お客さんの現状も変わりません。

その人に買ってもらう、
クロージングの部分に、
フォーカスした本です。

この本は、実は
【現代広告の心理101の技術】を
書いた著者の最新作です。

現代広告の心理101の技術の方は、
コピーライターならみんな持ってる名著ですが、

こちらの方は、まだ知らない人も多いので、
先に読んでおくと差がつくと思います。

 

5.【世界一ずるい価格戦略】

bps

 

 

 

 

 

 

 

 

http://directlink.jp/tracking/af/1400127/99YDG02L/

一度、自分のセミナーやコンサルを
売った人なら、価格の大切さは身にしみて
分かると思います。

同じ30万円の売り上げを上げるのでも、

3万円で10人集めるのと、
30万円で1人集めるのは、

まったく労力が違います。

どれくらい人が集まるか、
どれくらいの人が実際に買ってくれるかは、
わかりませんが、

実は、価格というのは、自分が唯一
コントロールできる部分なんですよね。

この価格決めというところが、
分かっていると、

今セミナーやコンサルをやっている人は
もちろん、まだやってない人も、
自由に近づくと思います。

 

ボクがおすすめ本について

語った記事がこちらのメディアで

掲載されています。

こちらも、参考にしてください。

↓↓↓

https://kotobadr.com/copywritingbook3/